【下半身のたるみ撃退】ジムに行かなくても理想の下半身は手に入る!

こんにちは、
パーソナルトレーナーの河合克訓です。

今回は、
「3分間の下半身引き締めトレーニング」
の筋トレのやり方をお伝えします。

トレーニングの正しいやり方を
確認してから、

これから動画をご覧いただく方、
既に動画をご覧いただいた方も
2回目を行うことで

予習、復習ができるため、
より意識しながら取り組めます。

脚を綺麗に引き締めたい方は
ある程度でもいいので覚えていきましょう。

①スクワット

【回数】
20〜30回×2〜3セット
【インターバル】
30秒〜60秒

【やり方】
・脚は肩幅ほどに広げる
・膝とつま先が同じ方向を向く
・腰を真下に落とす
・つま先に体重を乗せ過ぎない(つま先4:かかと6)

【注意】
・膝が内側に入ると膝を痛めるリスクあり
・お尻を後ろに引き過ぎない(腰に悪い)
・体が丸くならない

②リバースランジ

【回数】
10回〜15回×2〜3セット
【インターバル】
30秒〜60秒

【やり方】
・前の脚:後ろ脚「8:2」の負荷のかけ方で足を後ろに引く
・この時もつま先に体重を乗せ過ぎない(もも前が辛くなる)
・つま先と膝はまっすぐ

【注意】
・膝が内側や外側に捻じれないように
・転倒しないように壁に手をつけてOK!
・引いた後ろの脚に体重を乗せ過ぎない(もも前がキツい)

③横移動のスクワット

【回数】
左右交互にして1回を10回〜15回×2〜3セット
【インターバル】
30秒〜60秒

【やり方】
・基本の形はスクワットと同じ
・脚を横に出し、スクワットと同じ動きをする
・つま先に体重が乗り過ぎないこと(つま先4:かかと6)

【注意】
・膝が内側や外側に捻じれないように
・横移動した時に、体や膝が横に流れない
・体を丸くしない

④エアースクワット

【秒数】
30秒×2〜3セット
【インターバル】
40秒〜60秒

【やり方】
・脚を肩幅より少し広げる
・お尻を壁につけ、スクワットの形を作る
・体重を足の裏の真ん中より少し後ろにのせる!

【注意】
・体を丸くしない
・膝を内側に入れないように
・つま先重心にならない
・腰を反りすぎない

最後に

今回の動画で行われている下半身の引き締めトレーニングの
紹介はこれで以上になります。

やり方や注意ポイントに一度目を通してもらってから
3分間の動画にチャレンジしてください。

予習や復習ができているので
やる時に思い出しながら行うことができます。

と言うことは、
それを何回も考えながら繰り返すことで
1つ1つのトレーニングの精度が上がっていきます。

トレーニングは、
重さを扱うことも大切ですが
何よりも必要な部位に的確に刺激を入れることが大事です。

それが体を変えていくための一番の近道です!

それでは、
あなたがイメージしている体を手に入れるために
今日からまた頑張っていきましょうね!

今回のトレーニングのや違うことでも、
質問がありましたら、お気軽に質問をください。

こちらから河合に無料で相談をすることができます。
https://lin.ee/zu2F08c

長文になりましたが、
最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

パーソナルトレーナー
河合克訓

河合かつくにの公式LINE:https://lin.ee/zu2F08c
河合かつくにのアメブロ:https://ameblo.jp/kunifitness/
河合かつくにのインスタ:https://www.instagram.com/ku7ni_fitness
河合かつくにのTwitter:https://twitter.com/kuni_uc_fitness
お問い合わせ:https://ws.formzu.net/fgen/S74607457/

関連記事

  1. デスクワーカー必見!肩こりを楽にする3つの改善エクササイズ

  2. 10月やわハリボディメイクin豊橋

  3. ダイエットで女性らしさを失う2つの要因

  4. 【1日3分】お腹引き締めトレーニング

  5. 8月までに-3㎏は落とし、リバウンドしない人生最後のダイエッ…

  6. 【初心者向け】3分間でお腹を引き締め厳選5種目