トレーニング効果を上げる、4つのダイナミックストレッチ(上半身)

こんにちは、河合です

前回、
「健康にオススメな2種類のストレッチ方法」
についてお話ししました。

今回は、
その続きとして、
「上半身のダイナミックストレッチ」を
ご紹介します。

1.ダイナミックストレッチとは!?

簡単におさらいから。
ダイナミックストレッチとは、
体を動かして行うストレッチのことです。

ラジオ体操がイメージが良い例です。

〈効果〉

・筋肉の温度を高め、ケガのリスクを軽減
・筋肉がほぐれるため、元々の可動域まで動かせる。
・正しいフォームが取りやすい。
・筋トレ効果がUPする。
・関節の動きが良くなる。
・血流が良くなる。

〈こんな方にオススメ〉

・トレーニングの効果を上げたい
・運動不足
・久しぶりに体を動かす
・筋トレに抵抗がある
・運動が苦手
・適度に体を動かしたい

2.ダイナミックストレッチ上半身

上半身①

秒数:20秒

2セット

【やり方】
・両腕を体の前でクロスする。

・この時、
肩甲骨が開いている感覚を感じる。

【やり方】
・両腕を後ろに引く。

・同時に、
肩甲骨を中央に寄せるように。

・この時、
胸が筋肉が伸びているのを感じる。

上半身②

秒数:20秒

2セット

【やり方】
・体の前で腕をクロスさせます。

【やり方】
・クロスした腕を、
斜めに開いていきます。

・この時、
胸の筋肉が伸びているのを感じる。

〈注意〉
動かした時に、
肩が痛い場合は控える、
もしくは、痛くない範囲で動かしてください。

呼吸を止めない。

上半身③

秒数:20秒

2セット

【やり方】
・片腕は上、片腕は下

・腕を交互に動かします。

・肘を天井に伸ばすようにしてあげると、
脇の下の伸びが良くなります。

・後ろに引いている腕は、
力こぶが伸ばさせています。

〈悪い例〉

・腰を反らない。

・お腹がパカッと開いてしまっている。

〈注意〉
動かした時に、
肩が痛い場合は控える、
もしくは、痛くない範囲で動かしてください。

呼吸を止めない。

上半身④

秒数:20秒

2セット

【やり方】
・足は肩幅より広く。

・腰が曲がりすぎないように前傾

・右手を対角線上につま先めがけて伸ばす。

・反対に、
左手は斜め上に上げます。

〈注意〉
動かした時に、
肩や腰が痛い場合は控える、
もしくは、痛くない範囲で動かしてください。

呼吸を止めない。

以上、
トレーニング効果を上げるダイナミックストレッチでした。

このブログを見る方は、
筋トレ初心者か初めてやる方、
もしくは、何もしていない方だと思います。

筋トレをすることは、
体にとても良いことです。

しかし、
筋トレをする前に、
普段、お仕事や遊びで酷使している体を、
固まった体をほぐし、
違和感なく動かせるようにする。

それが、
綺麗な体を作ったり、
痩せやすい体を作ります。

これは、
基本中の基本です。

皆さん、
できるようにしましょうね!

次回は、
「下半身のダイナミックストレッチ」を、
ご紹介します。

上半身とうまく組み合わせると、
より全身の筋肉を使うことができます。

普段、
動かす機会がほとんどない方は、
これだけで運動不足解消になってしまいます!!

それでは、
下半身をアップするまでに、
上半身のダイナミックストレッチを、
楽々できるようにしておいてくださいね。

現在、
体験セッション(オンライン)で受け付けしています。

興味がある方は、
ライン@やお問い合わせフォームから、
お気軽にご連絡ください。

上半身を行なったら、
同時に下半身も、
必ずセットで行なってください!

河合

河合かつくにの公式LINE:https://lin.ee/zu2F08c
河合かつくにのアメブロ:https://ameblo.jp/kunifitness/
河合かつくにのインスタ:https://www.instagram.com/ku7ni_fitness
河合かつくにのTwitter:https://twitter.com/kuni_uc_fitness
お問い合わせ:https://ws.formzu.net/fgen/S74607457/

関連記事

  1. 自粛中の下半身の筋力低下ストップ!筋力アップに有効な2種類の…

  2. 何か最近疲れやすい!それ熱中症ですよ!5つの対策

  3. ダイエット前に必ずやるべき2つの行動

  4. ダイエットで失敗する人が行う3つの条件

  5. 腰痛になる3つの姿勢と原因

  6. ダイエットしたい人に必見!ストレッチで痩せ体質が手に入る4つ…